アーリーリタイアに特化した FP 石川一人の独り言

48歳でアーリーリタイアし、現在独立系FP(ファイナンシャルプランナー)として活動している石川一人の独り言を綴る。定年まで会社に束縛される人生が幸せでしょうか? 一度の人生、自分らしく生きたいものです。

ブログを愛読頂きありがとうございます。時代も「令和」へとかわり、心機一転ブログをリニューアル致しました。新ブログのタイトルは、「e-retire 会社を辞めるあなたへ」是非、遊びに来てください!尚、当ブログは平成をもって記事の更新はありませんが、「平成の独り言」と ...

社会保険には、「協会けんぽ」と「組合健保」の2種類があります。大雑把に違いを言えば、「協会けんぽ」は、一般企業(中小企業)の方が加入し、「組合健保」は、大企業の方が多く加入しています。「組合健保」は、常時700人以上の従業員が働いている企業が、自前で健保組合 ...

以前、SoftBankからY!mobileにスマホ乗り換えについて記事にしました。その続編です。乗り換えによる料金的なメリットは、違約金等を支払っても4年間で15万円以上の支出削減を見込んでいます。解約したSoftBankから最後の請求明細書が届きました。内訳は、◆基本料 通話定額 ...

安倍首相は4月10日の経済財政諮問会議で、バブル崩壊後の就職氷河期にフリーターや無職、非正規社員として働く人を対象に就職支援を強化するよう関係閣僚に指示しました。今後3年程度で集中的に支援策を実施するようですが、具体策としては、・専門ハローワークの設置・就労 ...

昨年、菅官房長官は「国内携帯大手3社は電話料金をまだ4割程度下げる余地がある」と発言し波紋を広げました。政府が直接、民間企業である携帯各社に値下げ指示をすることはできません。契約内容の改善を要求したり、競合他社の事業参入を認可することにより、条件を調整して ...

無職や年金生活者も加入している国民健康保険。少子高齢化により医療費が増大し、国民健康保険は赤字が慢性化しています。自営業等の個人事業主で多少でも収入があれば、負担額は大きくなる傾向にあります。私もアーリーリタイア直後、国民健康保険を選択すると、保険料が一 ...

ブログ記事「8050問題とは?救世主となるのはFPか・・・・」で紹介した友人と先日、飲みに行きました。過去記事を少しだけ引用します。『私の友人は現在、50歳(男)で無職です。70代後半の両親と住んでいます。彼は数年前までサラリーマンとして働いていました。今はひきこ ...

サラリーマンの時、酒の席で上司が「プラス思考」について語った。靴を履く文化のない未開の地に、靴のセールスマンが派遣された。一人の営業マンは、「誰も靴を履いていない。とうてい売れる見込みはありません」もう一人の営業マンは、「誰も靴を履いていない。いくらでも ...

「孤独死」とは、誰にも気付かれずに一人きりで死ぬこと。独居者が疾病等で助けを求めることなく急死し、しばらくしてから見つかる場合等を言います。似た言葉で、「孤立死」という言葉をご存知でしょうか?孤独死の中でも、社会的に孤立した状態で亡くなった場合を言います ...

昨年、タトゥー(刺青)裁判が話題になりました。医師免許がなくタトゥーを入れたとして、医師法違反の罪に問われた男性「彫師」。大阪地裁の一審では、罰金15万円の有罪判決でした。タトゥー(刺青)を掘るには、医師免許が必要と言う判決でした。「彫師」に「医師免許」「 ...

↑このページのトップヘ